蔵の自然な環境が酒を醸す

齋彌酒造店の酒造りの特徴として、発酵中に「櫂(かい)入れ」を行いません。
あくまでも自然に、低温長期発酵で、じっくりアルコールの発酵を促します。
発酵が進むとタンク内ではブクブクと泡が出来始め、自然に対流をはじめます。

蔵人、走る

仕込みの最盛期を迎えた蔵の中では、連日、蔵人たちが蒸しあがった米を担いで麹室に走る姿が見られます。
時間と手間ひまがかかる酒造りの中、この工程はスピードが重要です。